Hi there! How have you been? I’m relieved that frenzy G20 summit was finally over.

大阪開催のG20サミットが終わってホッとしましたね。ところで「G20」とはなんのことでしょうか。英語では “the G20”または“Group of Twenty”といい、世界の主要な19ヵ国とEUの20の国々で構成されるグループです。そして、このグループで行われる国際会合がサミット(Summit conference)で、正式名称は “Summit on Financial Markets and the World Economy”(金融世界経済に関する首脳会議)といいます。興味のある方は外務省(Ministry of Foreign Affairs of Japan)のサイトを見てください。英語表記もあり、以外(?)と面白いです。英検の長文では何がトピックになるかわかりませんので、この機会に知識を広げておきましょう。2級以上であれば政治経済も頻出トピックのひとつです。

ところで、サミットにはもう一つ別の意味があります。それは、頂上・頂点です。山頂は“the summit of a mountain”やtopといいます。peakともいいますが、これは先が尖った山頂のイメージです。ちなみに、山のふもとは“the foot of a mountain”、または“the bottom of a mountain”といいます。この頂上・頂点という意味から、各国の頂点に立つ人々の会議をSummitと表すようになりました。最初に使ったのは歴史的にも有名なイギリスの首相チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer Churchill)だそうです。

ちなみに、山の高さを表す形容詞はhighです。highは「高い位置」を表します。一番高い頂上の位置に焦点を合わせた表現です。高い地位 “high position” にいる人々の会議が頂点を表す “summit” なのも納得できますね。

tallも「高い」ですが、こちらは縦に長くて下から上までがほぼ同じ幅のものの高さを表します。人の身長やビル、グラス等にはtallを使います。また、tallは高さを表す対象の一番下が地面や、なにか面に接している場合にも使われます。ちなみに、まだ歩けない赤ちゃんの身長はtallではなくlongで表現します。縦ではなく横の長さです。英語の表現はおもしろいですね!

Aim high and work hard!

Best regards,
Yukari