クラスによって異なりますが、基本的に宿題はあります。たとえ宿題がなくても、上達するには予習・復習が必要です。

例として、幼児・小学生向けのコミュニケーションクラスでは、CDを聴いて答えるものや、アルファベットを書くものや、練習問題を読んで解くものがあります。

中高生向けの文法グループクラスでは、練習問題を解いたり、単語を覚える宿題があります。

大学生・社会人向けのクラスでは、単語を覚えたり、音声を聴いて例文を覚える宿題があります。