英語に関する様々な疑問に当校校長の本山がお答えします!

今回は「フォニックスの必要性」について。

保護者の方からよくこんなお問い合わせをいただきます。

「5歳の子供についてお尋ねします。英語の単語は読めるのですが、フォニックスは必要でしょうか?かなり難しい単語も上手に読めるのですが…。」

英単語の読み方には大きく分けて2通りあります。「サイトワーズ(Sight Words)」「フォニックス(Phonics)」。両方とも英語を読むためには必要なスキルですが、それぞれに長所と短所があります。大切なのは、やがて必要になる読解力、多読、速読につながるよう子供の成長に合わせて両方を活用できるようにしてあげることです。

「サイトワーズ(Sight Words)」は、単語全体を形で記憶して発音するスキル。形状記憶が得意な子供たちは、驚くほどの勢いで多くの単語を記憶して発音することが可能です。長所は速く読めること。英単語をスラスラと読む子供の姿は感動的ですらあります。短所は面白くないこと。暗記だけの作業だから子供はすぐに飽きてしまいます。もう一つの短所は知らない単語は読めないこと。サイトワーズで読める単語をいくら増やしても言葉に対する自信にはつながりません。

「フォニックス(Phonics)」は、読み方のルールを理解して発音するスキル。ひらがなを読んでいく感覚です。長所は知らない単語を読めること。そして読むことが楽しいこと。特に身体を使ったフォニックスであれば、子供達はゲーム感覚で単語を読みながら自信をつけていけます。短所は時間がかかること。拾い読みの感覚ですから単語をスラスラというわけにはいきません。

理想的なのは、身体を使ったフォニックスで英語を読む楽しさや自信をつけることから始め、やがて自然にサイトワーズへ移行するプロセスを作ってあげることです。そうして初めて将来ネイティブ感覚の読解、多読、速読につながる基礎を作ることが可能になるのです。適切なプロセスを踏んでいけば、小学生でも500~1000単語の本を読んで、その感想文を英語で書くことは十分可能です。

子供達の言葉との出会いが、楽しさと自信を育むものでありますように。

↓実際に生徒が書いたBook report(本の概要・感想)です。

 

 

 

 

 

 

 

※上記の文章を英語にしてみました。お時間がある方は英文にLet’s challenge!!

【Frequent Questions from guardians】

I’d like to ask you about my five year old boy. He can read words very well. Is Phonics necessary for him? He can read quite difficult words as well.

【Suggestions】

There are mainly two skills in reading English words; ‘Sight Words’ and ‘Phonics’. Both skills are necessary for reading English words but each has its advantages and disadvantages. An important point is to create an environment where children can learn both skills with appropriate timing so that the learning can lead to future ‘reading comprehension’, ‘extensive reading’ and ‘speed reading’ skills.

‘Sight Words’ is a skill which enables children to memorize the word shapes and its sound. Children, who are good at shape-memory, memorize the words and their sound at amazing speed. The advantage is that children can read fast. The fluency should be impressive to their guardians. A disadvantage is that it’s ‘boring’. Children get bored easily as it is the repetition of memorization. Another disadvantage is that the skill does not endow children with the ability to read unknown words, nor does the skill lead to confidence in reading.

‘Phonics’ is a skill which enables children to read words phonetically by learning the reading rules. It’s as if they are reading ‘hiragana’ in Japanese. The advantage is that children can read unknown words and it’s FUN! Especially learning phonics while using their body is fun as if it’s a game. It will lead to their confidence in reading. The disadvantage is that it may take them more time to become fluent in their reading.

An ideal format for initial reading should be that children start with ‘Phonics’, having fun and gaining confidence, and gradually transfer to ‘Sight Words’, which will make a solid foundation leading to future ‘reading comprehension’, ‘extensive reading’ and ‘speed reading’ skills, as if they were a native speaker. With a proper environment, it’s possible for even elementary students to read books of 500 to 1000 words and write book reports on those books.

May the child’s first encounter with reading be fun and lead to a future of reading with confidence.