英語に関する様々な疑問に当校校長の本山がお答えします!

今回は「英語を習い始めるタイミング」について。

保護者の方からよくこんなお問い合わせをいただきます。
「英語はいつから始めたらよいのでしょうか。」
「早ければ早いほど、いいんですか。」

答えは「いつからでも大丈夫
大切なのは子供が楽しんで通えるかどうかです。

もちろん、効果が最も高いのは就学前の教育。
幼ければ幼いほど、子供達は環境にあるものを驚くほどの勢いで吸収していきます。

けれども、成長して伸びる子供に育つために何より大切なのは、幼い頃の基本的な習慣形成です。
規則的な毎日を送ること。お片付けをすること。食事を楽しんで食べること。
自然の中で保護者とゆっくりした時間を過ごすことも大切な要素のひとつでしょう。

そのうえで大切なのは、身体と結びついた様々な感覚を楽しみながら鍛えること。
0歳から6歳は、体感、音感、語感が最も効率よく身に付く時です。
なかでも、言語習得の黄金期は3歳から6歳とされています。
その間にぜひ、保護者の方も興味を持って英語と触れる機会を作ってください。
一緒に本を読んだり、CDを聞いたりすることもおすすめです。

学校に通えるならば英語を母国語とする先生が居る学校が好ましいでしょう。
子供たちは、言葉と共に文化も身体全体で吸収するからです。
身体を使って英語4技能 読む・書く・聴く・話す」の基礎を楽しく学べる学校が理想的です。

毎日の生活の中で、英語に興味を持つ環境を作ってあげてください。
幼少期のことばを楽しむ環境が、将来の英語力を培う大切な第一歩です。

kids_english

 

 

 

 

 

 

 

今後も英語に関する考えやヒントを随時載せていく予定です。次回もお楽しみに! See you soon!